ツアーコースのご紹介

旬旅

銀鏡神楽(しろみかぐら)ツアー

旬旅
狩猟文化を色濃く残す銀鏡神社の大祭。境内には狩られたイノシシの頭が祀られています。祭りの呼び物が、国の重要無形民俗文化財にも指定されている「銀鏡神楽」。さまざまな面をかぶり、夜を徹して舞う33の神楽です。なかでも「シシトギリ」という舞は、独自の狩り言葉が混じるなど、焼畑と狩猟が生活の柱であった時代の暮らしをよく伝えています。

※最少催行人数 2名

宮崎駅・シーガイアから 5,500円/お1人様
西都(三和交通本社)から 4,500円/お1人様

玉ぐし料目安(2,000〜3,000円)は別途必要となります。

出発時間

1
出発17:30 帰着02:30 (予定)
2
出発17:50 帰着01:45 (予定)

コース内容

17:30
宮崎駅又はシーガイア
17:50
西都三和交通本社
19:45
銀鏡神社
23:30
銀鏡神社
01:45
西都三和交通本社
02:30
宮崎駅又はシーガイア

ツアー料金

ツアー料金:お1人様5,500円・4,500円(税込)

神話の高千穂夜神楽まつり

旬旅
高千穂に伝承される夜神楽は「高千穂の夜神楽」として国の重要無形民俗文化財に指定され、天照大神が天岩戸に隠れられた折に、岩戸の前で天鈿女命が調子面白く舞ったのが始まりと伝えられています。

その他の神楽 高千穂夜神楽日程に合わせて最小人員に達した場合運行致します(高千穂の夜神楽日程表)。
※最少催行人数 3名

出発時間

1
出発16:00 帰着02:30 (予定)
2
出発16:00 帰着23:30 (予定)

コース内容

16:00
宮崎駅又はシーガイア → 東九州自動車道
18:30
高千穂神社
00:00
高千穂神社 → 東九州自動車道
02:30
宮崎駅又はシーガイア

注)高千穂神楽(観光神楽毎日開催)の運行時は、

21:30
高千穂神社 → 東九州自動車道
23:30
宮崎駅又はシーガイア

ツアー料金

ツアー料金:お1人様8,500円(税込)
«前へ1次へ»